メガネ・宝石・時計・補聴器の細野 印鑑のお手入れ方法

印鑑のお手入れ方法

印面の汚れている印鑑で押した印影は、ぼやけたような感じになってしまい、はっきりしないことがありますし、朱肉の色が印材に染み込むことがありますので、ご使用の度に朱肉を拭き取って保管していただくことを、当店では薦めしています。

印面の掃除は、ほとんどの印材に対して、柔らかい布か紙で拭うのが良いとされています。

ご使用後は印鑑に付いた朱肉をティッシュ等でよく拭き取り、速やかに印鑑ケース等にお入れください。

拭っても簡単にとれない場合は、折り畳んだ柔らかい布か紙に油をひたし、この上で何度か繰り返して印鑑を軽くたたくようにすると、固まっていたごみが取り除かれてきれいになってきます。

(硬いブラシ状のものでゴシゴシ印面をこすると、印面が傷んでしまうことがあります。)

また、直射日光や照明のあたる場所は避け、温度の変化の少ない場所で保管して下さい。

植物油(椿油・オリーブオイルなど)を塗っておくと、乾燥によるひび割れを防げます